« 秋の関西1デイパスと曽爾高原 | トップページ | こみっくトレジャー25参加のお知らせ、など »

2014年1月18日 (土)

こみっくトレジャー23参加のお知らせ

あけましておめでとうございます。
すっかりBlogもご無沙汰しておりましたが、2014年も(笑)衣路鉄道をよろしくお願いいたします。

さて、表題のとおり、1月19日(日)にインテックス大阪にて開催される「こみっくトレジャー23」にサークル参加いたします。

スペースはカ-05b、京都市バス時刻表、京都市バスキーホルダー、機関誌「ターミナル」を頒布します。
詳しくはホームページのほうをご確認くださいませ。
今年初のイベントですので、なにとぞよろしくお願いいたします。





話は全く変わりまして、今月から新しい深夜アニメが色々と始まっているわけですが、今期は鉄道会社とコラボレーションしている作品が多い気がします。

ぱっと思いついたところだと、

『ディーふらぐ!』(京王電鉄)
登場人物名のほとんどが、京王などの南関東の駅名からとられています。オープニング映像にも名前の由来となった駅が多く出てきます。
それらの駅を巡るモバイルラリーもやってます。
本編での船堀さんの登場はまだですか!

『のうりん』(長良川鉄道)
美濃加茂市の農業高校がモデルになったライトノベルで、原作には実際に長良川鉄道に乗るシーンがあります。
アニメ化前から駅窓口でサイン入り原作小説が売られていたり、3月には作者の先生と行く聖地巡礼貸切列車が企画されていたりする力の入れ様。

『いなり、こんこん、恋いろは。』(京阪電気鉄道)
こちらも登場人物の多くが京阪の駅名からとられている作品。いつも工事してる印象から「紅司」って名づけられた丹波橋君…。
列車にヘッドマークを掲出したり、ゆかりのある駅にパネルを設置したり、原作イラストがデザインされた一日乗車券を発売したり、結構本気ですね。

最近は、作品の舞台を巡る聖地巡礼も盛んなので、そういう意味で鉄道会社も積極的になっているのかもしれませんね。



余談のほうが長くなりましたが、改めまして、本年も弊社をよろしくお願いいたします。

(隅)

« 秋の関西1デイパスと曽爾高原 | トップページ | こみっくトレジャー25参加のお知らせ、など »

コメント

I loved your blog article.Much thanks again. Want more.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の関西1デイパスと曽爾高原 | トップページ | こみっくトレジャー25参加のお知らせ、など »